【推しの子】154話感想 アイの「15年の嘘」の真意とは?カミキヒカルは何を思うのか

感想・レビュー

『【推しの子】』154話「15年の嘘」感想です。

ついにアイがついた嘘の内容が明かされる。

悲しいすれ違い。アイ、カミキ、アクア、ルビーの4人で仲睦まじい家庭を築ければ良かったのに。

何もかも手遅れ…

アイの真意

「私達もう会わない方が良いかなって」

カミキのバックグラウンドと、子供を背負うには重すぎると別れを切り出した形。

言われてみれば真っ当な理由で、カミキが信じたのも理解できる。

でも、その言葉を発したのはアイだから…

アイの嘘をカミキが見抜けなかった。吐いた嘘で、カミキがどれだけ絶望するのかをアイは理解してなかった。

命の重さに押しつぶされそうな人間が、縋る人を失ったら壊れるよ!

どうして離れれば大丈夫と思ったのか…逆!逆!

悲しいすれ違い。もう取り戻せない、決定的なすれ違い。

カミキは何を思う

ビデオレターでのアイの「私と一緒に」の言葉が重い。

確かに見ようによっては一緒にカミキを救おうとしてるんだけどさ…

アイが生きていればアクア・ルビーとともにカミキのもとを訪れ、誤解を解けたかもしれない。

家族4人で、幸せな家庭を築けたかもしれない。でも、そうはならなかった。

「復讐」されたカミキは何を思うのか。後悔?それとも嘘をつかれたことに対する怒り?悲しみ?

ところで109話の殺人鬼っぽいのと今回のアイ大好きこじらせニキだとどっちが本性なんでしょうね。

あと、アイの入院先の病院を特定して良介をけしかけたのはカミキじゃないの?

片寄ゆらの件といい、まだ余罪ありそうなんだが…

ここでカミキが浄化されたら物語が終わってしまう!!!もう一捻りくらいあるんでは!?

物語の終着点はどこになるのやら。

関連記事・リンク

【推しの子】153話感想 アクアがカミキヒカルと対峙!2人は何を語るのか
【推しの子】 記事一覧
感想・レビュー カテゴリーの記事一覧
[第一話]【推しの子】 – 赤坂アカ×横槍メンゴ | 少年ジャンプ+