『戦隊大失格』1話感想 春場ねぎ新作は”対”戦隊アクション!戦闘員の下克上なるか!?

感想・レビュー

『戦隊大失格』1話「R(ラウンド)1000」感想です。

『五等分の花嫁』春場ねぎ先生の新作は”対”戦隊アクション!

予告の時点ではヒーローが活躍する物語と思っていたものの、期待を良い意味で裏切ってくれましたね。

タイトルの「失格」は「刺客」ともかけてるのかも。

これからの展開にワクワクが止まらない!

ヒーローvs怪人軍団

悪の怪人軍団とヒーローの決戦がエンターテイメント化した社会。

戦闘員「ダスター」たちは今日も世界征服のための策を練る…と思いきや、新たな怪人を生み出すのに四苦八苦してるようで。

すでに「幹部が壊滅」してるのマジか…

もはや勝敗の決まったショーみたいなもんじゃん。規模の大きいヒーローショー。

事前特番の内容に踊らされてるのも笑ってしまう。

1人だけやる気ある戦闘員Dが浮いてるのが切ない。もう世界征服なんて本気で考えてるのは彼だけなのか…

日曜決戦、開幕

やらせと分かっていても、大戦隊を引き立たせるのが怪人の役割。

何も知らない人々からはブーイングを受ける。悲しき生き物だ…

わりとノリノリで悪役やってるのは面白い。

怪人は何度倒しても復活、不死身ってなかなか強くない!?

多勢に無勢、戦闘員たちが本気になれば大戦隊に抵抗できるような気もするが…

敵の登場→ピンチ→観客の声援で復活と、ヒーローの王道の流れ。唯一怪人を倒せる神具で吹っ飛ばしてエンディング。

規定の流れ通りならフィニッシュだが、そうはならなかった。

たった1人でヒーローに立ち向かう者が1人。

予想外の展開にも適応するレッドの対応力の高さよ。13年もやってたら、これまでにもいたにちがいない。

反逆したのも束の間、あっさりやられてしまうのは無情。

冒頭で決戦を見学しようとしていた少年。戦闘員Dの正体は君だったか。

何者でもない少年は、敵を倒すための力を身につけられるのか。

“対”戦隊アクションの幕開けにワクワク!

気になるポイント

・怪人はどのように現れたのか
姿形を変化させられ、基本的に不死身で「神具」でしか倒せない存在。

巨大浮遊城が突如地球に現れたときには対抗する手段もなく、暴れまわっていたものと想像する。

ヒーローがおらず、対抗する者がいなかったのなら、世界征服だって余裕でできたのでは。でも、そうはならなかった。

「13年間大戦隊と1000回も手合わせしてた」のセリフを信じるなら、怪人が現れた瞬間から大戦隊は存在していた?

13年もの膠着状態がどのように生まれたのかな。戦隊>怪人になった潮目も知りたい。

そもそもどうやって怪人が生まれるのやら。見た目は人間と変わらないようだし。

嫌な妄想すると、ドラゴンキーパーを活躍させるために、都合の良い記憶を埋め込まれた改造人間…みたいな。

最初から幹部なんて存在せず、いるのは戦闘員だけ。ひええ、恐ろしい。

戦隊側も怪人…みたいな展開もありうるかも。

・たった1年で幹部が壊滅したのはなぜ?
13年もの長きにわたり戦ってきたのに、急に幹部が壊滅してるのが気になる。

「ここ数年は市民の被害はない」のなら、ずっと勝負の決まった状態だったんだろうし、壊滅させる必要もなかったのでは。

おそらく幹部を倒したのはドラゴンキーパーの面々だろうけど、彼らのみが知る理由があるのか。

まだ何者でもない戦闘員Dの下克上なるか。

案内のお姉さん、錫切さんがとっても気になるので、彼女についても掘り下げれられるのを期待。

主人公より先に戦隊側に潜入してる怪人だったりしません?出会ったのは偶然か、それとも…

春場ねぎ先生の新作『戦隊大失格』毎週の楽しみがまた一つ増えました。

関連記事

『戦隊大失格』2話感想 大戦隊へ潜入!レッドキーパーの正体見たり
感想・レビュー カテゴリーの記事一覧
戦隊大失格 – 春場ねぎ / 【第1話】R(ラウンド)1000 | マガポケ