『金色のガッシュ!!2』6話感想 ワイグ戦が佳境!ガッシュとの術の応酬がド迫力!

感想・レビュー

『金色のガッシュ!!2』6話の感想です。

ガッシュ&清麿と、ワイグ&ギルの術の応酬に、テンション上がりっぱなし!

成長したガッシュの戦いを、これからもたくさん見れると思うと感無量。

魔界の絶望的な状況も、2人ならなんとかしてくれると信じて。

ワイグ戦、佳境

成長したガッシュと清麿とガッシュに合わせて、敵もパワーアップ。

術を失ったハンデと、敵の強化でバランスを取るとは…面白い。

フルスペックのガッシュなら、ワイグくらい一捻りでしょう。

しかし、ザケル、ラシルド、ザケルガの3つで、目まぐるしく変わる戦況に対応していくのはさすがの一言。

ガッシュ2が始まったときの絶望感から、じわりじわりと希望が大きくなってきた。

ガッシュと清麿がともに戦う姿を、また見れてめちゃくちゃ嬉しい。

ギルの力

ワイグの戦いを見守っていたギルがついに動く!

ガッシュが復活しなければ、彼が動くまでもなかったのだろうが…

初級術のみでワイグを追い詰めるのを見て、動かざるをえなかったか。

ワイグと並び立つ姿はさながらパートナーと魔物のよう。

ギルの特殊な力は、制限つきといえど凄まじい。

怒涛の術の連続に圧倒されてしまう。

でも、ガッシュと清麿が的確な判断で対応してくれてるのが頼もしい。

やっぱり最強のコンビじゃん…!

これからもっともっと強大な敵が現れたとしても、2人なら乗り越えていける。

改めてそう信じさせてくれる6話でした。

関連記事

『金色のガッシュ!!2』5話感想 阿吽の呼吸なガッシュと清麿!コンビネーション抜群!
『金色のガッシュ!!』20周年記念本が無料配信!外伝「友」やビクトリーム系のオマケマンガなどが収録
金色のガッシュ!! 記事一覧
感想・レビュー カテゴリーの記事一覧