【推しの子】21〜23話感想 恋愛リアリティーショー開幕!出演者はクセ者だらけ!?

感想・レビュー

『【推しの子】』21・22・23話の感想です。アクアが参加するリアリティショーが開幕!

ルビーも有馬かなとともに、アイドルとして始動。それぞれの芸能界でのチャレンジがスタートします。

個性あふれる新キャラたちの活躍にも期待!

21話「恋愛リアリティーショー」

アクアが参加する「今からガチ恋♡始めます」がスタート!

ファッションモデル・鷲見ゆき。ダンサー・熊野ノブユキ。女優・黒川あかね。ユーチューバー・MEMちょ。バンドマン・森本ケンゴ。

そして我らが主役の役者・星野アクア!陽キャスマイルが眩しい。普段の陰キャっぷりはどこへやら。

ルビーと有馬かなが動揺するのも分かる。キャラ違いすぎでは!?

アクアの反応に「は?死ね」と真顔でツッコむ2人に笑ってしまった。不穏なオーラがやべえ。

恋人になったり、キスしたりする可能性にモヤモヤする有馬も可愛いな…

そりゃ演技とはいえ好きな男が他の女とよろしくやってるのは気に食わないでしょうよ。

当のアクアは内心だるげなものの、愛の情報を引き出すために慣れない会話も笑顔でこなす。

鷲見ゆきとのやりとりはアクアの心情が吐露されたのと、彼女の大胆さにやられちゃいました。

鷲見ゆき、あざとっ!アクアが1本取られた形。臆病とは何だったのか。

まだまだ番組は始まったばかり。

キャラ濃そうなメンバーたちがどんな恋愛模様を繰り広げるのか楽しみですね。

22話「自称アイドル」

アクアが「今ガチ」に出演する中、アイドルユニットを結成したルビーと有馬かなは、残念ながら仕事がまだないようで。

そりゃ知名度も実績もない状態で、すぐに仕事が来るはずもないか…2人が可愛いとはいえ現実はそう甘くない。

「暇なら勉強してなさい」と現実的、かつルビーへのツッコミがキレキレな有馬に笑ってしまった。

実績がなければ作ればいい。社長の提案でYouTuberに挑戦。時代を感じる…!

スマホひとつあればチャレンジできるうえに、苺プロがネットに強い事務所なのがここに活きてくるのか!

2人に協力する人も連れてきてくれるとは、さすがミヤコさん。

登場したぴえヨンのインパクトやばくないですか!?お茶目な顔にゴリゴリマッチョ。

「変質者だーー!?」と叫んでしまうのも納得。このコマ汎用性高そう。『うえきの法則』の「変態だー!!」を思い出しますね。

腑に落ちなさそうな有馬を「年収1億ダヨ」の一言で黙らせるぴえヨンさん、まじパネエっす。

売れっ子YouTuberならそれくらい、いや、もっと稼いでいてもおかしくはない。

彼の提案で始まったまさかのコラボ。

確かに誰にも知られてないなら、すでに知名度ある人とコラボするのがてっとり早い。苺プロ様様。

しかし、簡単に紹介させてくれるとは限らず、ガチのブートダンスをクリアせねばならないルビーと有馬。

極端すぎる…現実は厳しい。

「自称アイドル」と自らを紹介するルピーがあでやか。

苦しげながらもツッコむ元気ある有馬も好き。ぴえヨンに認められたときに嬉しさを隠しきれないのも好き!

横槍メンゴ先生の描く女の子、やっぱり可愛いな…!

奮闘の末に決まったユニット名は「B小町」!

かつてアイが所属してたグループとまったく同じじゃん!母の想いも継いでトップアイドルへの道を駆け上る!!

「嘘はいやだ」とまっすぐアイドルとして勝負するルビー。一方、嘘でもなんでも使えるものは使って仇に近づこうとするアクア。

2人のスタンスの違いも興味深い。どちらにせよ芸能界で生きていけば、彼らの父親に近くのは間違いない。

23話「爪痕」

「今ガチ」こと「今からガチ恋♡始めます」は順調に進行中。

嘘は吐かずに、自分の気持ちを誇張する。本当に鷲見ゆきはやり手だな!!

素直にノブユキとの恋愛が気になるわ。

番組が進むうちにそれぞれのキャラが見えてきたようで。番組の外からは見れない内側を見れるのは面白い。

ぴえヨンほどじゃなくても、MEMちょもユーチューバーとして結構稼いでいるのでは?

番組の影響で登録者マシマシ、出演は成功だったかも。

彼女のおごりで焼肉へレッツゴー!なかなか良い肉食べてそうな感じだ。羨ましい…

真面目ゆえになかなか出番が増えないあかねの苦悩が辛い。努力が必ずしも実るとは限らない。

ゆきとノブユキ、ケンゴを中心に盛り上がるなか、いちばん苦戦してるのはあかねだろう。

アクアもMEMちょも中心にはいなくともうまくやってそうだし。

「爪痕」を残すために過激な方向へ走りそうで怖い。何するんだろ…

ゆきとノブユキ、ケンゴの関係に突っ込むか。はたまたアクアへびっくりするようなアプローチを仕掛けるか。

その結果、番組内だけじゃなく、視聴者から誹謗中傷の嵐、さらに袋小路へ…なんてことにならなきゃいいけど…

もしピンチに陥ってもアクアさんなら…アクアさんなら何とかしてくれると信じております。だって人生2回目だもの。

有馬かなのときのように、黒川あかねも救ってくれるはず。また恋愛フラグ立てそうな気がしないでもない。

関連記事・リンク

【推しの子】24話感想 黒川あかねの残した「爪痕」とは?エゴサの光と闇
『SPY×FAMILY』36話感想 アーニャ秋冬コレクション開催!ベッキーとの友情にほっこり
感想・レビュー カテゴリーの記事一覧
[第一話]【推しの子】 – 赤坂アカ×横槍メンゴ | 少年ジャンプ+