【推しの子】26話感想 アクア、動く!炎上をどう収束させるのか!?

感想・レビュー

『【推しの子】』26話「嵐」の感想です。

本当にアクアがギリギリのタイミングで間に合ってくれて良かったよ…

最悪の事態は免れた。しかし、黒川あかねを取り巻く状況は依然として厳しい。

どうやって問題を解決していくのか。アクアの手腕に期待!

有馬かな、炎上を語る

あかねの炎上について語る有馬かなとルビー。

「人生が終わったと錯覚する程」と語る有馬かなの目が死んでる…

幼い頃から芸能界で活躍する彼女は、過去に炎上も経験してきたのだろうか…

酸いも甘いも嚙み分けた大人でも罵詈雑言の集中砲火はキツイのに、10代の女の子ならなおさら。

恋愛リアリティショーを楽しむ人がたくさんいる一方で、苦しみ、耐えきれずに命を絶ってしまう人もいる。

仮に一つ一つの言葉は小さくとも、積み重なれば大きな傷になる。一般人には想像もつかないほど。

重たい話が続くなか、場面展開で一息入れてくれるのは助かる。青ざめた有馬とルビーの顔に笑ってしまう。

あかねの決意

あかねの危機に今ガチメンバー大集合。MEMちょのTシャツの柄が癒し。

視聴者の誤解は未だ解けず、これからも批判される怖さはあかねについて回る。

でも、たとえ世間が敵に回ろうと、真実を知るメンバーは味方でいてくれる。それがどれだけ心強いか。

番組を続けると決めたあかねを応援したい。炎上を乗り越えて、女優として大成してほしいなあ。

アクアの怒り

怒りを露わにするアクアの目の描写が末恐ろしくて好き。

やられっぱなしじゃいられない。番組への、ネット民への復讐。

アクアの打った第一手はどちらにもダメージを与えたはず。

「私のせいじゃない」と現実逃避する人もいれば、罪悪感を抱く人もいるだろう。

あかね本人への批判から、煽っておきながら何の対策もしなかった番組側に向くのでは。

炎上が黒川あかね個人から番組に延焼。叩く対象が変わっただけで、相変わらずボッコボコに批判するネット民もいそう…

番組の継続自体が危うくなった感はあるが、いったいどうなるやら。

公式とは別に、アクアが出演者たちの本音や普段のようすを撮影して、SNS上にアップするのかも。

例えばゆきの口からトラブルのときのことや、あかねへの思いを語るとか。

重たい空気のなか、光明が見えてきた。アクアの思い描く着地点に期待したい。

関連記事・リンク

【推しの子】27話感想 アクアの策とは?今ガチメンバーの個性が光る
【推しの子】25話感想 黒川あかねの炎上が止まらない…追い詰められる姿に胸が痛む
感想・レビュー カテゴリーの記事一覧
[第一話]【推しの子】 – 赤坂アカ×横槍メンゴ | 少年ジャンプ+