【推しの子】32話感想 アクアのスカウトにMEMちょの答えは!?新生B小町の活躍に期待!

感想・レビュー

『【推しの子】』32話「適正年齢」の感想です。

31話のアクアのまさかのスカウトには本当に面食らった。

スカウトマンとしての素質も覗かせる男、星野アクア。さすが人生2周目なだけある。

MEMちょの答えはいったい…!?

ところで、有馬かなのアクアへの当たりの強さは笑う。

奴のしでかしたことを考えれば当然ですけどね。

MEMの事情

アクアの突然のスカウトに戸惑いつつも、ワクワクが顔に出てるMEMちょがたまらなく好き。

その表情は反則です。MEM沼に堕ちてしまう…

ミヤコさんも交えて、苺プロの事務所でこれからのお話。

MEMの抱えている秘密。それは…年齢詐称!

なるほど、今ガチで時折大人びた雰囲気を見せていたのは、これまでの人生経験から来るものだったか。

実際の年齢聞いたときのミヤコさんのコミカルな表情、好き。予想以上の年齢にびっくりしとる!

公称18歳、実年齢は24…超えて最近25になったばかり。なかなかの盛りっぷり。

世代じゃないのに「B小町」を知ってたのも年齢をサバ読んでる伏線だったか…!

アイ推しだったらそりゃ知ってるのも納得だ。

MEMの過去

アイに憧れてアイドルを夢見た幼少期。家庭の厳しい事情はあれど、応援してくれた母にグッとくる。

しかし、夢を追うMEMを襲う悲劇。人生はままならぬ…

弟たちのため、身を粉にして働く彼女の姿に涙が…

バックグラウンドを知って、MEMがもっと好きになる。めちゃくちゃ良い子じゃん…!

「夢を追える年齢じゃなくなってた」と呟くMEMの表情が切ない…

でも、年齢を理由に腐らず、やけくそでも配信者として活動してきたことが、結果として夢につながるのはアツい。

大手の事務所からデビューするだけがアイドルになる道じゃない。

他の人よりも回り道をしたかもしれないけれども、その道のりだってきっと糧になるはず。

YouTuber改め、遅咲きなアイドル・MEMちょのこれからの活躍に期待したい。

新生「B小町」始動

アイに憧れた少女が、その娘に手を差し伸べられてアイドルになる。なんて美しい光景だろう。

「年齢なんて関係ない」「憧れは止まれない」ルビーは本当に心に染みることを言ってくれる。

ルビー、有馬かな、MEMちょの3人で新生「B小町」が始動!

ルビーは無名だが、母親譲りの人を惹きつける才能があるし、他2人の知名度ばっちり。

デビュー直後から注目を集めてしまうのでは!?

恋愛リアリティーショー編を終えて第四章「ファーストステージ編」へ。

第三章でアクアはアイをトレースできる黒川あかねという才能と、父親につながる情報を手に入れる。

加えて、MEMちょまでアイドルにスカウトするとは予想外。章の締めから流れるように次の舞台へ。

次週は休載ののち、巻頭カラーで新章開始。ワクワクが止まらないっ!!

関連記事・リンク

【推しの子】33話感想 有馬かなのモチベーションが心配…
【推しの子】31話感想「今ガチ」終了!アクアとあかねの今後はどうなる?
感想・レビュー カテゴリーの記事一覧
[第一話]【推しの子】 – 赤坂アカ×横槍メンゴ | 少年ジャンプ+