【推しの子】33話感想 有馬かなのモチベーションが心配…

感想・レビュー

『【推しの子】』33話「モチベーション」の感想です。

有馬かなの巻頭カラーありがとうございます!やっぱり重曹ちゃんがナンバーワン!

本編では曇りがちですが…

苦難を乗り越えた先には光あると信じて。

女子トーク

ルビーにみなみ、まさかの不知火フリルまで加わり、今ガチトーク。

クールビューティかと思いきや、喋れば面白い系とは。もっと好きになっちゃうじゃん。

「顔が良い人が嫌いな人なんて居ないでしょ」は名言。

不知火フリル、見た目といい、キャラといい、どことなく橋本環奈さんがモデルなのかなと感じたり。

実写版『かぐや様は告らせたい』で主演も勤めてたし、キャラ造形に影響してても納得だ。

有馬かなのモチベーション

アクアに声をかけられて、嬉しさがちょっと出ちゃう有馬かながめちゃくちゃ可愛い。

ただ、あかねと付き合ってしまった今となっては複雑な心境…

有馬が思いをぶつけようとしてもままならないのが切ない。

星野アクアマリンは乙女心が分からぬ。

このスケコマシ三太夫がよ〜〜〜!

ツンツンされても声かけてたのはえらいけどさ〜有馬かなの気持ちも考えてあげてほしい。

頭良いんだから、どうして有馬の対応が変わったのか気付けるでしょうに…

もともとアイドルになったのだってアクアの押しがあったからで、これからの有馬かなのモチベーションが心配だ。

ルビーとMEMちょとの温度差が悪い方向に傾かなければ良いが…

2人とスタンスの違いでぶつかりそうな予感がする。

アイの過去

アクアは鏑木プロデューサーと約束の会食。回らない寿司とは羨ましい。

彼が語るアイの過去と恋。アクアの知らないアイが垣間見える。

劇団ララライがアイの件でも繋がってくるとは。

アクアがあかねと付き合えたのは渡りに船、父親が劇団にいるなら一気に近づくチャンス。

もし今は卒業していたとしても、当時の関係者やよく知る人が残っていてもおかしくない。

新生B小町の動向とともに、真相に迫るパートも気になります。

関連記事・リンク

【推しの子】34話感想 新生B小町のセンターは誰に!?有馬かなの卑屈さが辛い…
【推しの子】32話感想 アクアのスカウトにMEMちょの答えは!?新生B小町の活躍に期待!
感想・レビュー カテゴリーの記事一覧
[第一話]【推しの子】 – 赤坂アカ×横槍メンゴ | 少年ジャンプ+