【推しの子】40話感想 有馬かなvsあかねの火花バチバチ!新章の舞台は…

感想・レビュー

『【推しの子】』40話「負けず嫌い」感想です。

新生B小町のファーストステージは大成功!

有馬かなとアクアの関係もひとまず良好になったようで何より。雨降って地固まるといった感じだ。

次の舞台も明かされ、ワクワクしっぱなし!

有馬かなはいじりたい

アクアがぴえヨンに変装してた理由を問う有馬かな。

理由が自分にあると知って嬉しそうな表情がたまらない。嬉しさだだ漏れ。

ひたすら落ち込んでたけど、良かったね重曹ちゃん!

言い訳を重ねるアクアに、有馬の煽り力高し。

「はい論破!私の勝ちだが?」と言い出しかねない勢い。でも、調子に乗るのも許せちゃうね。

やりすぎ注意だが、険悪な状況よりずっとマシ。

本音をぶつけ合える相手がいるのは幸せなことですよ。

相棒ポジションとしての座は揺るぎない。

そんな2人を見てあかねを心配するMEMちょにキュンときた。可愛すぎる…!

恋人と相棒

アクあかデートの写真、盛れててめがっさキュートだ…!

普段とは違うヘアアレンジにグッときた。アクかな派の私もグラッと揺らいじゃうほど。

2人の話題は自然と次の共演の話へ。累計5,000万部突破の『東京ブレイド』の舞台化のお仕事。

アクアとあかねを恋人役に据えるの、狙ってんな〜!

作中の今ガチファンなら、重ねて見ちゃうのは当然。読者としても、メタ的な視点でにやけちゃう。

また、相棒役は有馬かな。キャスティング狙いすぎ〜〜〜!ありがとうございます。

舞台の役と、現実の関係性がシンクロしてるのが最高。

ヒロインキャラと相棒キャラのどちらと結ばれるのか。

つまりはあかねと有馬のどちらと結ばれるのか。私はとっても気になっております。

有馬かなvsあかね

デート中に有馬ご本人登場で、有馬とあかねの間で火花がバチバチ。

2人も他人に見せちゃいけない顔で煽り合ってるんだが…

有馬は子役時代を過去の栄光と思っている。しかし、当時同じ土俵で戦ってたあかねにとっては、忘れられない相手。

幾度となく役をかっさらわれたら、そりゃあ悔しいでしょうよ。

有馬もあかねも今に至るまでたくさん努力を重ねてきたから、どちらに軍配があがるのかは、正直読めない。

アクアの復讐に有馬vsあかねの対決も乗っかってきて、面白くならない訳がないっ!

かつての天才子役vs現在の天才役者のバトル。

役者としても、アクアの恋人としての対決も見もの。因縁の対決やん。

プロデューサー・鏑木と新たに登場したイベント運営会社代表・雷田との会話で出てきた「金田一さん」の存在にも注目。

きっとあかねの所属する劇団ララライのお偉いさんっぽい、アクアの復讐相手か、そうでなくとも関係者なのは確実。

復讐の手がかりも、舞台の行方も、アクアを巡る駆け引きからも目が離せない。

第5章「2.5次元舞台編」に期待が高まる!

関連記事・リンク

【推しの子】39話感想 とあるアイドルの独白が切ない。有馬かなが調子に乗るのが可愛すぎ
【推しの子】 記事一覧
感想・レビュー カテゴリーの記事一覧
[第一話]【推しの子】 – 赤坂アカ×横槍メンゴ | 少年ジャンプ+