【推しの子】67話感想 新章開幕!アクアと姫川の共通点とは?

感想・レビュー

『【推しの子】』67話「飲み会」感想です。

またしても巻頭カラー!

有馬かなと黒川あかね。演技に向き合う姿も美しい。

新章「プライベート」編が開幕。いきなり衝撃の展開が来てびっくり。

姫川について、舞台であまり掘り下げられなかった理由が分かりました。

続きが…続きが早く読みたい!

飲みニケーション

初日が終わっても、まだまだ舞台は続いていく。

舞台後の飲み会への向き合い方はそれぞれ。店の情報バッチリ押さえてるあかねはさすが。

乗り気じゃなかったくせに、アクアが参加するとなると意見を翻す有馬には笑った。分かりやすすぎる。

会話聞かれてたら「この子アクアのこと好きなんだな…」ってまる分かりじゃん。

舞台の共演者のなかに、勘づく人がいても不思議じゃない。

シラフなのに酔ってるみたいな有馬も面白すぎる。一緒に飲んでたら、絶対楽しいタイプ。

金田一に迫る

アクアのお目当ては劇団ララライの代表・金田一敏郎。

劇団の立ち上げ時からいたということは、アイの参加したワークショップにも関わってた可能性大。

過去の「失敗」が気になりますね。

アクア1人じゃ話してくれなさそうなところに、颯爽と現れた姫川が頼りになる。

綺麗な女の子がたくさんいて、チヤホヤしてくれる店なんて、オッサンは大好きに決まってるじゃないか!

店を変えた姫川の策士っぷりに恐れ入る。

金田一はベロンベロンに酔っ払っているものの、アクアと姫川の共通点は的を射てる。

長い間、姫川の面倒を見てきたからこそ、的確に指摘できたのだろう。

天才役者・姫川

舞台であまり触れられなかった姫川のバックグラウンド。

養護施設出身。しかもアクアと父親が同じ…だと…!?

え、え、まじかーーー!?

姫川は20歳になったばかり。アクアは16歳。

アイに手を出した時点で、すでに姫川生まれてるじゃん…

もしかしてアクアとルビーは不倫の末に生まれた子?

それとも父親は姫川を認知せずに遊び回ってた?

異母兄である姫川が、今後アクアの復讐にどう関わるかにも注目していきたい。

ともに父親に報いるために協力するのかも。

養護施設に入ったタイミングによっては親について、あまり知らない可能性も…

それにしても、息子2人がどちらも演技畑で成功してるのは因果なものよな。

どんな人物なのやら。早くそのツラを拝ましてほしい。

関連記事・リンク

【推しの子】66話感想 2.5次元舞台編、完結!物語は次の舞台へ
【推しの子】 記事一覧
感想・レビュー カテゴリーの記事一覧
[第一話]【推しの子】 – 赤坂アカ×横槍メンゴ | 少年ジャンプ+