『2.5次元の誘惑』122話感想 奥村の言葉はツバキに届くか?今こそ覚醒のとき!

感想・レビュー

『2.5次元の誘惑』122話「業火」感想です。

ついにきたツバキの覚醒!

キャラのストーリーになぞらえるように、奮起する姿がグッときますね。

部員がコスプレを楽しめるように尽力する奥村の株がまたしても上がってしまった…!

コスプレをする意味は…

夏コミで倒れてしまった反省を活かして、休憩タイムを自主的に設けるリリサが偉すぎる。

後輩・ツバキの異変にいち早く気づいたのもあるでしょうね。

会場が熱狂の渦に飲み込まれるなか、乗り切れないのはたった一人だけ。

思わず「考えるな感じろ」と声をかけたくなるが…

実際はコスプレが生む熱を体感してはいるものの「何故今ここで自分がコスプレをしているのか」に答えが出せない状態。

真面目…真面目すぎる…!

もうあと頼れるのは部長・奥村のみ。

「きっと何とかしてくれる」と言わんばかりに、奥村に対するみんなの信頼のまなざしにグッとくる。

奥村との問答

ツバキ、恵まれた環境ゆえに、知識詰め込みすぎて、頭ん中が凝り固まってるのでは疑惑。

奥村に指摘されて、顔を赤らめるのが可愛い。本の受け売りなのを見抜かれちゃってるじゃん。

知識は確かに必要だけれども、自ら「体験」したことはより人生を豊かにしてくれる。

世間からクソゲーだとか、やる価値がないだとか言われていたとしても、奥村のように「貴重な経験だった」と意味づける人もいる。

ツバキのがんじがらめになった状態を、奥村の言葉が解きほぐしていくのがめちゃくちゃ良いですね。

「アタマ真っ白にしてッッ 好きなものしか見えなくなるまで楽しんでみせろ!!!」と送り出すのがアツい。

お嬢様言葉なツバキの渾身の叫びもたまらぬ。

バキエルのストーリーになぞらえるように、描かれるツバキの覚醒シーン。

見開きで鎖を自ら外し、自由に飛び立つときがきたっ!最後の見開きがド迫力!

覚醒したツバキ&リリサたちと四天王2人のぶつかり合いも楽しみだ。

また1人、コスプレ界に凄まじい才能の持ち主が顕現してしまったか…

関連記事・リンク

『2.5次元の誘惑』121話感想 753&夜姫の登場に会場は熱狂!四天王の併せは圧巻
『2.5次元の誘惑』記事一覧
感想・レビュー カテゴリーの記事一覧
[第122話]2.5次元の誘惑 – 橋本悠 | 少年ジャンプ+